ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
       

 帰って来たぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー


ウルトラマンスタンプラリー再び
 円谷プロのウルトラシリーズは1966年(昭和41年)のウルトラQに始まり現在まで続いている「空想特撮シリーズ」である.特に最初期に制作された「ウルトラQ」,「ウルトラマン」,「ウルトラセブン」,「帰ってきたウルトラマン」はとりわけ人気が高く,本放送以来一体全国で何回再放送が行われたのかもわからないほどだ.
 そんなウルトラマン初期シリーズの人気を生かして2015年冬に円谷プロとJR東日本とのコラボ企画として開催されたのが「来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー」である.これは首都圏のJR各駅にウルトラ怪獣のスタンプが設置され,それを集めることを目的としたイベントである.

2016年のスタンプ帳
 
 昔からウルトラマン好き&集める系イベントに目がない自分にとって,参加しないという選択肢などあるはずもなく,当然のように参加しすべてのスタンプをゲットした(来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー).この企画は実際に大人気で,特に休日など主要駅のスタンプ置き場には老若男女,自分のようなオッサンから小学生まで多数が集結するほどの盛況ぶりだった.
 そんな人気イベントであるから,その第2弾が行われることは容易に想像できたのだが,2015年の末に実際にJR東日本の駅構内に第2弾開催のポスターが登場した.タイトルはズバリ,帰って来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー,「!」の付くところが変わってるじゃないかというツッコミは置いといて,今回も首都圏のJR各駅にスタンプ設置という基本パターンは変わらないが,新たに東京モノレールの駅が追加になった.スタンプの数は昨年の64から一つ増えて65,取り上げられる作品は,昨年はウルトラQから帰って来たウルトラマンまでの4作品だったのが,Qが外れて代わりにAとタロウが加わった5作品である.
 一方で特典としては全駅制覇でもらえる制覇証に加えて,10駅制覇でもらえるオリジナルステッカーと,期間ごとにJR東日本関連店舗での買い物で先着順にもらえるオリジナルピンバッジがあった(昨年は10駅制覇でオリジナルメンコ,その後アクリルスタンド).
 
 
 

スタンプを集めろ!
 さて,スタンプラリーが開催されたのはいいとして自分は都心に住んでいるわけではないので,スタンプを押すにはわざわざ出掛けなければならない.昨年は同時期に開催された研究会の参加ついでが多かったが,今年は特にめぼしい研究会もなかったため,この目的のために夕方から都心に繰り出すことにした.特に昨年は縁のなかった先着順グッツもぜひ手に入れたかったこともあり,開始3日目の1月14日夕方にさっそく出かけた.  
 気合で定時に仕事を切り上げて新幹線で都内へ,この日は品川駅を手始めに山手線外回りから収集を開始することにした.品川駅到着が18時10分,ちなみに小田原に戻れる最終電車は東京駅23時54分発の東海道線,それまでの5時間半あまりでどれだけ集められるかがポイントとなる.なるべく効率よく集められるように下調べは必須,幸いJR東日本のサイトに各駅のスタンプ設置場所が書かれている.

完璧な予定表のハズが…
 
これを印刷することに加えて,そこにたどり着くのに最適な電車の号車や扉の位置も検索,オリジナルの日程表を作成した(スタンプ台が混んでいる可能性も考慮し,各駅の滞在時間は約10分と余裕を持たせた).
 品川駅では中央改札から一旦外に出て,まずはスタンプをゲット(ここはエリ巻恐竜ジラースだった),ついで券売機で都区内パスを購入する.スタンプはすべて改札外にあるため,SUICAなどで乗り降りすると莫大なお金がかかってしまうからだ(それがJR東日本の狙いかもしれないが 笑).
 そして再び改札に入り2番線ホームへ,日程表に従ってラリーの始まりである.スタンプ収集は順調すぎるくらい順調に進み,予定よりも20分も早く恵比寿駅のスタンプゲットが完了した.「こりゃ相当早く帰れるな,いやそれどころか予定外のスタンプもとれるんじゃないか」とほくそ笑む私,

が,ここで重大なミスを発見
 
 
 恵比寿発車が19時15分で渋谷到着が18時18分って…

 時間が戻ってるじゃないか (;゚Д゚)

 単純ミスなのだがが,20分早いはずが,逆に40分遅れになってしまった(笑).予定外も集めるどころか,下手をすると予定のものが集めきれない可能性も出てきた.これまで以上に気合を入れて集めなくてはと決意を新たにする.
 その後,原宿駅で間違って内回りに乗ってしまい渋谷に戻された,新宿駅のスタンプ台が行列になっていて結構待たされたなどの細かいトラブルはあったものの,予定表の時刻の10分遅れ程度で赤羽駅に到着,この段階で集まったスタンプは16個となっていた.で,この赤羽駅ではスタンプゲット以外の目的がある.前述のように今回のスタンプラリーでは,まず10個のスタンプを集めた段階で主要な10駅に設置してあるゴール店(NEWDAYSやベッカーズといったJR東日本系列店)に行くとオリジナルステッカーが貰え,さらにそのゴール店で500円以上の買い物をすると(笑),先着10000人(各店舗1000人)にピンバッジが貰えるという趣向になっている.
 
それらを入手することが赤羽駅での目的だった.実は途中池袋駅の段階で10個を超えていて池袋駅もゴール駅だったのだが,池袋は構内が広く歩くのが面倒なのと,超メジャー駅なのでピンバッジがすでに無くなっている可能性を考えたからだ.赤羽駅ならよりマイナー(?)なので,これらの商品が残っているだろうと推測した次第である.ただ赤羽駅のゴール店はベッカーズだったので,何か買ってすぐに出るというのが難しく(そりゃハンバーガー持ってさらに数時間電車乗り降りはできんな 笑),チキンナゲットと缶ビールを購入して急いで店内でいただいたのだった(合計600円).
 その後も順調にスタンプは集まり,この日の最終予定駅蒲田駅に到着したのは23時5分とミスを含む予定よりも40分前,結局最終よりも前の電車に乗って帰宅することができたのだった.この日集まったスタンプは合計38個(山手線,京浜東北線,埼京線の全部および尾久・新日本橋の両駅),残るは中央線と常磐線,モノレールの27個となった.

まずは10個のスタンプを集める

ベッカーズで一休み
 

オリジナルステッカー


オリジナルピンバッジ

結局入手できたのはこれだけでした
 
 その後休日利用で2回ほど出掛け,月日全65駅の制覇が完了した.制覇後はそのまま上野駅の入谷改札外の通路へ向かう.そこにある特設会場で制覇証が手渡されることになっているからだ(昨年は東京駅がゴールだったがなぜ変わったのかは不明).
 行ってみると結構行列ができている.顔ぶれはというと,小さい子供から自分よりも年上じゃないかというおっさん,さらには若い女性の姿もありウルトラマン人気の凄さを感じた.

蒲田駅はベムラー
 
そこで係員にスタンプ帳を提示,確認を受けたのち最後のページに制覇スタンプが押されて完了である.制覇証は昨年と同様クレジットカードサイズのものだった(何となく金色っぽくて,昨年のよりも高級感が増した感じ 笑).
 

今年のゴールは上野駅

満足そうです

今年の制覇証
 

(注):この企画大人気なので2017年はいよいよウルトラマンレオの登場か!と期待していたのだが,この年は残念ながらウルトラマンではなくドラゴンボールだった( ̄▽ ̄).
 

これがウルトラマンスタンプだ!

 というわけで,今年収集したスタンプを紹介する.

 ウルトラマン

 ウルトラセブン

 帰ってきたウルトラマン

 ウルトラマンA

 ウルトラマンタロウ

 

 トップページに戻る