ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 94.関之尾滝(宮崎県都城市)


 
 今回のテーマ関之尾滝(せきのおのたき)は宮崎県都城市にある.
 この滝は宮崎県を代表する河川である大淀川の支流,庄内川にかかる滝で,周辺は母智丘・関之尾県立自然公園に含まれている自然豊かな場所である.滝周辺には駐車場やお土産物屋もあるほか,遊歩道や橋なども完備されており,観光に苦労することはありませんない.
 関之尾滝自身は,もっとも大きな大滝,それよりも小ぶりな男滝,女滝の3つから構成されている.メインとなる大滝は幅40メートル,落差18メートルの比較的規模の大きな滝であり,一方で男滝は大滝より少し下流に木に隠れるようにある小ぶりな滝である.また女滝は遊歩道途中にある川上神社の下にある小さな滝だ.
 この関之尾滝で有名なものに,世界でも有数の規模といわれる甌穴群が挙げられる.これは河底や河岸の岩石上に形成された円形の穴のことで,急流によって水中の砂が渦を巻き,長い年月をかけて河床の岩を削ることによって,岩の表面に大 きな穴ができあがるものである.この関之尾滝の甌穴群は80メートル,長さ600メートルもの規模を誇る,貴重なものとなっている.
 またこの滝には,当地の領主北郷資忠にお酌をした美女お雪(おしず)があやまって酒をこぼしてしまい,これを恥じたお雪が杯を持って滝つぼに身を投げ,その後名月の夜になると,ここに朱塗りの杯が浮かんでくる… という伝説が残されているのだそうだ.
 (訪問日 2013年4月6日)

関之尾の滝案内図

関之尾の滝(大滝)

甌穴群だが,増水しているためかわかりにくい

甌穴群の分布
 

日本の滝100選の碑

女滝

男滝
 
 
アクセス JR日豊本線都城駅から霧島神宮行きのバスで30分,関之尾の滝下車(時刻表).ただし本数が少ないのでレンタカーが便利かも.    
観瀑のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 遊歩道が整備されており気軽に散策できます.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ