ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 67.桑ノ木の滝(和歌山県新宮市)

 
 紀伊半島南東部は険しい山々が多い一方で年間降水量も非常に多く,そのために急峻な河川が発達している.これらの川にはたくさんの滝が形成されており,たとえば那智の滝で知られる那智川には60もの滝があるという.今回のテーマである桑ノ木の滝であるもまた紀伊半島南部の滝である.
 桑ノ木の滝は三重県と和歌山県の県境となっている熊野川の支流である高田川の,さらに支流の桑ノ木谷にかかっている.新宮市の市街地から国道168号線を北西に7キロほど進み,相賀橋を渡ったところを左折し県道230号線に入る.道なりに2キロほど行った先の相賀地区の相賀バス停付近に車を停め,そばにある歩行者用の細い橋(桑ノ木橋)を渡る.ここからは川沿いの遊歩道を歩くことになるが,それほどアップダウンはなくあまり疲れることはない.ただ足元が悪いところもあるのでそれなりに注意は必要だろう(ハイヒールやサンダル履きはお勧めしない).
 遊歩道はほぼ一本道でところどころに目立つ案内板が出ているので迷うことはないと思われる.途中「一人ずつ渡ってください」と書かれた橋を渡って川の右岸になりそのまま歩いて行った終点が目指す桑ノ木の滝である(最初の橋から15分ほど).高さ21メートル,幅8メートルと比較的小振りではあるが,

高田川です

このオレンジの案内板があちこちに立っています

桑ノ木谷と遊歩道
 
周囲の緑の濃さ,苔むした岩肌,そして途中の岩によって複雑に分岐している美しさは100選の名に恥じないものと感じた.
 (訪問日 2015年12月30日)
 

人一人がやっと渡れる橋

染み入るような美しさです

水がとてもきれいです
 
 
  (訪問日 2015年12月30日)
   

7時台のバスで来たら帰りは13時台,13時台なら17時台になってしまう
アクセス 新宮市内から車で20分ほどの相賀地区に車を置き,そこから徒歩15分ほどです.公共交通機関利用の場合,JR紀勢本線新宮駅から熊野交通バス高田線で20分,相賀バス停下車徒歩15分ですが,バスの本数が極端に少ないため,国道沿いの相賀口バス停で降りて歩く方が利便性は高いです.    
観瀑のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 遊歩道を15分ほど歩きますがアップダウンはなくそれほど疲れません.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ