ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 61.布引の滝(兵庫県神戸市)

 
 日本の滝100選には同名の滝がいくつかある.たとえば七滝という名称の滝が秋田県小坂町と愛知県新城市にあり(新城市の方は阿寺の七滝と呼ばれる),白糸の滝というのが,山形県戸沢村と静岡県富士宮市にそれぞれある.そして今回のテーマである布引の滝という名も兵庫県神戸市と三重県熊野市の2か所に存在していて,今回はそのうち兵庫県の方である.
 兵庫県の布引の滝は神戸市の北に広がる六甲山を源流として南下し神戸港にそそぐ生田川にかかる滝である.今でこそ新幹線の新神戸駅から徒歩圏内で気軽に行くことのできる滝になっているが(新幹線駅からもっとも近い100選の滝であろう),元々は人里離れた山中の滝である(新神戸の駅自体が山の中にある).ただ,京都からさほど離れていなかったこともあって,古くからその存在は知られており,伊勢物語にもここが舞台となる話が出てくるし,鎌倉時代初期の歌人藤原定家にもここを詠んだ歌がある(「布引の滝のしらいとなつくれは 絶えすそ人の山ちたつぬる」).
 そんな布引の滝であるが,実はそういう名の単独の滝があるわけではない.雄滝,雌滝,夫婦滝,鼓ヶ滝という4つの滝の総称が「布引の滝」なのである.JR新神戸駅から外に出たところにある案内板に従って歩いていく.最初は住宅地の中を進んでいくが,すぐに周囲は山の中の趣となる.道は上り坂となっていくのだが,10分も歩かないうちに最初の雌滝に到着,ここは高さ20メートルほどの細い流れの滝である.この滝の落ちる様子が布を垂らしているように見えることから布引の滝の名称になったといわれているらしい.
 雌滝からさらに遊歩道を登っていくと,途中に鼓ヶ滝がある.高さ8メートルほどの小ぶりな滝であるが,遊歩道からはその全貌はわからず滝壺が見えるだけである.
 そこから再び遊歩道を登っていくと10分ほどで最終ポイントの雄滝が見えるスポットに到着である.この雄滝は高さ43メートル,先ほどの雌滝に比べて

駅前の案内板

藤原定家の碑

最初に見られる雌滝

鼓が滝は見えにくい

木々の間から高層ビルが見える
 
水量も多く豪快なイメージの滝だ.よく見ると滝壺の下流にさらに別な滝が形成されており,こちらが残る夫婦滝であった(二筋の滝が寄り添うように落ちていく様子からこの名があるのだろう).
 このように布引の滝は市街地に近いにもかかわらず,自然に満ちた場所のため,地元の人たちにも恰好の散策スポットになっている.
 (訪問日 2014年6月7日)
 

整備された遊歩道

こちらが雄滝

夫婦滝
 
     
 
アクセス JR山陽新幹線または地下鉄新神戸駅から徒歩20分弱です.    
観瀑のハード指数(★☆☆ ハードではありません) ちょっと登りではありますが,遊歩道が整備されており気軽に散策できます.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ