ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 45.平湯大滝(岐阜県高山市)

 
 
 
 日本の47都道府県の中で海岸線を持たない県(いわゆる海なし県)は8つある.ただでさえ山がちな我が国の中で,こうした県は当然より山が多く,結果滝が豊富にある環境となる.岐阜県もこうした海なし県のひとつであり,しかも北アルプスを抱えていることから滝の数も多く,100選に選出されている滝が4つもある.このうちもっとも北にあるのが表題の平湯大滝である.
 場所は岐阜県北部の高山市中心部から国道158号線で約35キロ東に行った標高1400mの高地にある.
 平湯大滝は神通川水系高原川の支流,平湯川に架かる滝である.落差64m,滝幅6mの直瀑で,その規模は100選滝にふさわしいものだ.この地域には今から3億年前の古生代に海底に堆積していた泥や砂が固まってできた堆積岩が広く分布している(すなわち当時ここは海だったわけだ).

滝の展望台傍にある駐車場

さっそく滝が見えています
 
 そしてちょうど平湯大滝のある場所よりも上流には,この堆積岩の上に今から1〜2万年前の噴火によって流れてきた溶岩が積み重なっており,この溶岩部分の末端の崖によって滝が形成されている(このタイプの滝として日光の華厳の滝,立山の称名滝がある).
 平湯大滝には「戦国時代この地に進軍してきた武田信玄の家臣,山県昌景とその兵士らが山越えで疲労困憊していた際,滝から現れた白猿が彼らを付近にある温泉に導いたという伝承があり,これが平湯温泉の始まりとされている.
 
 (訪問日 2021年5月15日)
 

平湯大滝

やや白濁しています

平湯川の下流方面
 
 
 
アクセス 公共交通機関利用の場合はJR高山駅に隣接する高山濃飛バスセンターから平湯・新穂高線(平湯温泉行きまたは新穂高ロープウェイ行き)で52分大滝口・キャンプ場前バス停下車,徒歩15分です(時刻表).自動車の場合は展望台そばの駐車場まで行くことができます    
観瀑のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 駐車場からすぐにあり基本的にどなたでも観瀑ができます.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ