ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 37.惣滝(新潟県妙高市)

 
 新潟県には3か所の百選滝があるが,そのうち2つを有するのが県南西部,長野県との県境に位置する妙高市である.同市はかつて新井市だったが,周辺の町村を合併して2005年に今の名称となった.その名の通り妙高山をいただく自治体である.この妙高山を挟んで南側に位置するのが苗名滝で,北側にあるのが今回のテーマ惣滝である.
 苗名滝は妙高山を源流とする太田切川の最上流部にあたる大倉沢に架かる滝だ.落差80メートルの直瀑である.
 妙高山の山麓にはたくさんの温泉があるが,それらの中で最も奥深いと思われる燕温泉がこの滝へのアプローチに便利である.温泉街を過ぎると道が二股に分かれていた.右へ行くと滝の近くまで行ける登山道,左に行くと滝を遠望できる展望所になる.この日(2015年8月2日)は朝から米子大瀑布,苗名滝と回ってきたため,この段階ですでに夕方近かったことと,山の方にガスも立ち込めていて危険を感じたのとで,登山道は断念し展望所に向かうことにした.
 標識には徒歩5分と書かれていたが,実際にはかなりの急坂で息が上がる.途中には燕温泉名物(?)「黄金の湯」と名付けられた露天風呂があった.あえぎながら坂を登ってようやく展望所に到着したが,肝心の滝はガスのためまったく見えない(泣).ただ山の天気は変わり

燕温泉街

右が惣滝,左が展望所

8月ですが標高が高いのでガクアジサイが見頃です
 
やすく(燕温泉は標高1000メートル以上),雲の流れも速いため少し待機してみる.しばらくするとガスの切れ目がやってきて惣滝がかろうじてその姿を現した.遠望ではあるがたしかに迫力はありそうだ.だが,まもなく滝は再びガスに隠れてしまい,しばらく晴れ目も期待できなかったのでそのまま帰ることにしたのだった.いつか必ず再訪したい滝である(今度は燕温泉に宿泊して訪問してみたい)
 (訪問日 2015年8月2日)
 
 

惣滝の案内板

うっすらと見えます

川の左手に歩道が!
 
 
   
アクセス えちごトキめき鉄道関山駅から市営バスで20〜30分(時刻表一番下です),本数は少ないですが妙香山麓周遊バスを利用して苗名滝と同時に訪問も可能です.どちらも燕温泉下車徒歩15分程度で展望所です.    
観瀑のハード指数(★★☆ ややハードです) 案内では温泉街から徒歩20分となっていますが,途中鎖場など危険な場所もあるようです.展望所も距離はないですが坂が急で結構大変です.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ