ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
     

 日本の滝100選


 15.安の滝(秋田県北秋田市)

 
 白神山地や八幡平などを持つ秋田県は滝の多い県であり,滝100選にも4つが入っている(七滝,茶釜の滝,法体の滝,安の滝).どれも魅力的な滝であるが,その中でもとりわけ人気が高いのが今回のテーマ安の滝であろう.
 マタギの里で有名な北秋田市阿仁地区の最奥部,中ノ又渓谷にあり,二段にわたって落ちる滝で,上段60メートル,下段30メートルの合計90メートルの落差を持つ.
 上段と下段の間には広い滝壺を持つ空間があり,ここから上段の滝を見上げる光景は壮観の一言で,規模は異なるが南米ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェル・フォールを彷彿させる.
 この滝へのアプローチはなかなか大変で,阿仁地区唯一の鉄道である,秋田内陸縦貫鉄道と並走する国道105号線から県道308号線に入りそのまま東進,マタギ資料館や熊牧場,打当温泉を過ぎると道は急に狭くなる.しばらく行くと道は二股に分岐,この左側が安滝林道であり,ここから約6キロ未舗装の悪路が続く(すれ違いが困難な箇所多数).途中に安の滝駐車場まで○キロの標識があるので安心できるが,なければ不安に陥ること必定である.
 駐車場は自動車15台くらいは止められるスペースがあり,トイレも完備されている(こんな山奥にあるとは思えないほど整備されている).私が訪問したのは平日だったが,晴天の紅葉時期ということもあり,かなりの車がいた.ここから中ノ又沢にそって遊歩道を歩くこと約40分で滝の正面に到着となる(上段の滝壺まではさらに15分ほど).南向きの滝であることと,水量が多く水しぶきが凄いことから,虹がかかることもある(私の訪問時もかかっていた).
 ちなみに安の滝には以下のような悲恋伝説が残っている.

 昔ヤスという美しい娘が当地の金山で働く男と恋に落ちた.しかし山での男女の仲は御法度であり,周りに知られてしまったため仲を引き裂かれてしまう.悲しんだヤスがこの滝に身を投げたことから安(ヤス)の滝と呼ばれるようになったという.

 (訪問日 2014年10月23日)

安滝林道

駐車場です

中ノ又沢を遡る

滝が見えてきた

それなりにハードな場所であることがわかります
 

感動の光景です

上段の滝

上段の滝壺
 
 
アクセス 公共交通機関利用の場合,バスはないので秋田内陸縦貫鉄道阿仁マタギ駅からタクシーまたは徒歩になります(10キロくらいあります).    
観瀑のハード指数(★★☆ ややハードです) 駐車場から遊歩道を40分以上歩きます.途中には足場の悪いところもあり,それなりにハードです.


 

トップページに戻る   日本の滝100選トップへ