ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
       

 日本の道100選


 4.新ひだか町二十間道路(北海道新ひだか町)
  二十間道路桜並木〜 

 
 日本の道100選,今回のテーマは北海道新ひだか町静内にある二十間道路である.この名前は道幅が二十間(36メートル)であることに由来する.新ひだか町の中心地,静内の繁華街から北東に約6キロ離れた田原〜御園地区にある.周辺には広大な牧場が広がり,背後には日高山脈がそびえ,その中をまっすぐな道路が伸びていく様は,本州以南には見られない,北海道的な異国情緒に満ちた風情となっている.北海道の多くの地域は明治以降(19世紀後半)に開発が進められたわけだが,この二十間道路はそうした道内のインフラとしては歴史が古く,その始まりは明治5年(1872年)にさかのぼる.当時の北海道開拓使の長だった黒田清隆(実際には次官だったが長官不在のため事実上のトップ)が,日高地区が馬の品種改良や飼育に適していると判断し,当地の野生馬の飼育・改良や皇族が使用する優良馬の育成を目的として,この地に種畜牧場を創設したことに始まった.
 牧場は順調に発展していったが,皇族がこの地を視察する際の行啓道路として明治 36年(1903年)に造られたのがこの二十間道路である.全長二里(8キロ),幅二十間(36メートル)の当時としては立派な道路であった.そして大正年間に入ってから,牧場職員によって近隣の山野からエゾヤマザクラの植樹が行われ,今に残る桜並木が完成した.

ここが二十間道路に向かう入口です

静内といえば馬です

まっすぐな道が伸びています
 
 北海道の桜の開花時期は本州以南よりもずっと遅く,例年ゴールデンウィーク明けとなるのだが,この地も毎年5月上旬に桜まつりが開催されている.せっかくこの道路を見に行くのであれば,当然桜の時期に見てみたいということで,GW明けの最初の金曜日に有休をとってこの地の訪問と相成った.
 新千歳空港からレンタカーで向かう.途中の苫小牧を過ぎて国道235号線に入ったあたりから周囲には牧場が見え始める.しばらくは右手に海を見ながらの快適なドライブだ.静内から内陸に入って10分ほどで二十間道路の入り口に到着である.
 2014年4月までに訪問した日本の道100選はすべて徒歩で廻ったのだが,今回は公共交通機関のまったくない片道8キロコース.これをすべて歩くのはさすがに厳しいので,車で往復を基本としてメイン部分のみを歩くことにした.さて肝心の桜だが,今年は例年よりも開花が早めだったとのことで,残念ながらピークを2日ほど過ぎたところだった(本州以南のソメイヨシノだと数日は満開状態が続くが,北海道の桜は花が咲いている期間が短く,ピークを過ぎるとあっという間に散ってしまう).とはいえ,まだ残っている花も結構あったのでそれらを鑑賞しながら散策を楽しんだ(駐車スペースは各地にある).
 二十間道路の終点には明治42年に建てられた龍雲閣と呼ばれる建築物がある.これは皇族がこの地を訪れた際の宿舎として使われた建物で,実際に大正天 皇や昭和天皇がそれぞれ皇太子時代に訪れたという記録が残っている.さすがに現役では使われてはいないものの,桜まつりに合わせて内部が一般公開されていた.
 (散策日 2014年5月9日)
 

桜祭りの会場

エゾヤマザクラ

花は半分ほどでしょうか
 

桜と私

龍雲閣外観

龍雲閣の内部
 

顕彰碑
 
顕彰碑の場所 道路の入り口,エントランス広場の近くにあります.  


 

トップページに戻る