ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
       

 日本100名城スタンプラリー


 46.長篠城


 戦国時代には数多くの合戦が行われているが,武田氏没落の要因のひとつとなった「長篠の戦」は非常に有名である.通説では織田・徳川連合軍が当時新兵器だった鉄砲三千丁を三段構えに射撃して,武田の騎馬隊を撃破したと言われているが(黒沢明監督の映画「影武者」が有名),最近では異論もあるようだ.
 そんな長篠の戦であるが,戦いのきっかけとなったのが天正3年(1575年)の武田勝頼による長篠城包囲である(実際の主戦場となったのはここから3〜4km西の設楽原).
 長篠城は16世紀の初めに菅原元成によって築かれ,一時武田氏の勢力下におかれたが天正元年(1573年)徳川家康によって攻略され,以後は家康側の城となった.この時に今に残る城構えが作られたといわれている.
 豊川と宇連川という二つの川を天然の堀とし,その合流地点の断崖上に本丸が築かれ,そこから後方に二ノ丸が,さらに後方に巴城郭が設置され,各部の間には堀もほられていた.実際に川の合流点に立って見ると,川を越えてこの城を攻めるのは(近代以降のように大型の大砲があれば別だが)極めて困難な,難攻不落の城であることがわかる.天正3年の長篠の戦の前哨戦の際もわずか500人の城兵で15,000人の武田軍の攻撃をしのぎ切っているほどである(この戦いにおいて,家康や信長

牛渕橋からの城の全景

長篠城本丸

武田軍に捕らえられながらも,援軍がすぐそこまでやって来ていることを城兵に告げ磔にされた鳥居強右衛門の墓である
 
に援軍を請うために単騎城をでて,その目的を果たしたものの帰路武田方に捕われて磔にされた鳥居強右衛門の話は有名である).
 そんな長篠城だが,この戦いで大きな損傷を受けたことから戦後廃城となっている.現在城跡には土塁,空堀,石垣の一部などが残っているが,特に対岸の牛渕橋からは城の全体像が確認できて圧巻である.
 (登城日 2008年8月23日,2008年12月28日)
 

土塁の跡

弾正郭の石垣

大きな空堀
 

長篠城址史蹟保存館

搦手門は今の飯田線近くに

家老屋敷跡
 
 
長篠城へのアクセス: JR飯田線長篠城駅下車,駅前から左に向かいすぐに本丸があります.  

スタンプの設置場所 本丸跡の長篠城址史蹟保存館の受付にあります.

登城のハード指数(★☆☆ ハードではありません) 普通の気軽に散策できます.


スタンプ
 


 

 トップページに戻る   日本100名城トップへ