ビザンチン皇帝の部屋 本文へジャンプ

ホーム

海外旅行記録

国内旅行記録

非日常の世界

日常の世界

幕末・新選組の
小部屋

 ”100”の小部屋

学問の小部屋

掲示板

ビザンチン帝国
とは

アクセスカウンター
 SINCE 2011年9月25日
       

 珍しい血液型


Rh null

 今日は珍しい血液型の話題です.血液型といえばABO式が有名で,その組み合わせからA型・B型・AB型・O型の4種類に分類されることはよく知られています.
 しかしながら血液型というのはこのABO式だけではなく,ほかの分類法もあります.世間的にもよく知られているものがRh式で,これはアカゲザルの赤血球の表面に発現している抗原(Rh因子)と同じものを持っているか否かによって陽性・陰性とする分類です(ちなみにRhとはアカゲザルを意味する”rhesus monkey”の最初の2文字).もっともRh因子は1つではなく,主なものでD因子,C因子,c因子,E因子,e因子の5種類があります.このうちCとc,Eとeは対立因子なので,考えられる組み合わせとしてはCDe, cDEなどのようになります.そして人間は両親から一つずつ遺伝子をもらっていますから,結局はCDe/cDE などの組み合わせで因子を持つことになります.これを記号で表現したものが,CcDEeという形です(このケースではRh 5因子すべてが陽性になります).
 これらRh因子は陽性の人が多いんですが,もちろん陰性という人も少数ですが存在します.この5種類のRh因子のうちで臨床的にもっとも重要なのがD因子です.仮にD陽性の血液を陰性のヒトに輸血した場合,血液の凝集や溶血が起こることがあるからです.一方残りのC, c, E, e因子は抗原としての力が弱いため,臨床的にはさほど重要視されておらず,一般にRh陽性・陰性という場合はD因子の有無を指します.たとえばRhマイナスAB型といった場合にはABO式ではAB型を示し,Rh D因子が陰性である血液型のことになります.このRh マイナスは日本人では非常に少なく,全体の約0.5%しかいませんが,白人には結構多くて約15%の人がマイナスなんだそうです.

 で,さらに残り4つのRh因子(C, c, E, e)を含めた5因子すべてが陰性という人がごく稀に存在し,こういう血液型をRh null(null=ヌル とはドイツ語でzero=ゼロのこと)といいます.D因子だけでも陰性の人はかなり少ないんですから,5つ全部となるとどれほどの確率なんだろうと考えてしまいますが,2014年末にネット上に出ていた記事によると,全世界で40人程度存在するとのことです.
 これだけレアなタイプになると,仮にその血液型の人が輸血を必要とした場合どうなるのか心配になりますが,実は過去に刑事ドラマ「太陽にほえろ」でこの話題が取り上げられたことがあります.昭和52年に放送された第243話「その血を返せ」というエピソードです.Rh nullの人への輸血が必要になり,アメリカから緊急輸入された血液が盗まれ… という展開だったんですが,当時劇中で医師と思しき人が「Rh nullは世界に5人しかおらず,そのうちの2人がアメリカにいる」と発言していた記憶があります.この数十年で5人が40人になったわけではないでしょうが,仮にその血液型だったとしても,一般の検査ではただのRh マイナスとしか判定されないので,実際にはもっと多くの人がいる可能性もあります(注).Rh nullはRh抗原を全く持たないために,一部ではすべての人への輸血が可能と書かれているものもありますが,現実にはABO型は存在するし,Rh以外の抗体系もあるため,正しい表現ではありません.

(注) 太陽にほえろ以外にも,同じく昭和52年にTBS系で放送された「赤い激流」(宇津井健,水谷豊ダブル主演)にもこの血液型の話題が出てきて,こちらではRh nullは2000万人に1人となっていました(当時の世界人口が40億なので計算上は200人いることになる).
 
 


ボンベイ型

 Rh null は稀な血液型(稀血)として有名なものですが,それ以外の稀なタイプも紹介します.
 ABO式の血液型を決定するのは赤血球の表面に付着している抗原の種類で,A抗原のみが付いているのがA型,B抗原のみがB型,A抗原・B抗原両方があるのがAB型,A・Bどちらの抗原も付いていないのがO型となります.もちろんどの抗原を持つか(あるいは持たないか)は遺伝子レベルで決まっています.ただ,A抗原・B抗原が赤血球上に付くためには,H抗原という一種のコネクターが必要です(赤血球表面を壁,A・B抗原をカレンダーとすると,H抗原はフックやピンのようなものとイメージしてください).
   
 ほとんどのヒトはこのH抗原を持っているので問題はないのですが,ごく稀にH抗原を持たないケースがあります.この場合は仮に遺伝子レベルではA抗原またはB抗原を持っていたとしても,赤血球の表面に発現し付着することができません.このため通常の検査では表面に抗原を持たないO型と判定されることになります.こうしたH抗原を持たないことによって,一見O型のように見える血液型をボンベイ型と呼んでいます.
   ボンベイ型の赤血球
 
これはインドのボンベイ(現在はムンバイと呼ばれる)地方に多く見られたことからその名があります.
 ボンベイ型の人は一見O型に見えますが,H抗原を持たないことから,H抗原を持った普通のO型を輸血すると,免疫反応で凝固や溶血などを起こしてしまいます.このためボンベイ型の人にはボンベイ型の血液しか輸血することはできません.
 またボンベイ型の人は遺伝子レベルではどの血液型であってもおかしくないのですが(単に発現していないだけ),通常の検査ではO型になるため,本人も自分はO型であると思いこんでしまいます.このため結婚して子供ができた際に見かけ上あり得ないとされる血液型の子供が生まれるケースもあり,訴訟沙汰になったケースがあるそうです(注).

(注) 遺伝的にはAB型であるボンベイ型の人がO型の人と結婚して子供ができた場合,先述のようにボンベイ型は通常の検査ではO型になるため,一見するとO型同士のカップルになり,生まれる子供はO型のみのハズと認識されます.しかし遺伝子的には片方はAB型なので生まれる子供はA型またはB型となりトラブルに発展することがあります. 
 


シスAB型

 ボンベイ型は一見O型なのに実はそうではない血液型でしたが,今度は特殊なタイプのAB型を紹介します.
 ABO式血液型を決める要因は両親からの遺伝で,一般にはA,B,Oの3種類のどれかを両親から一つずつ受け継ぎます.このため遺伝子型としてはAA,AO,BB,BO,OO,ABの組み合わせが生まれ,血液型が決定します.これによるとAB型の血液型が生まれるには,片方の両親からA,もう片方からBの遺伝子をもらったことになります.
 
表現型  遺伝型
 A型  AO,AA
 B型  BO,BB
 O型  OO
 AB型  AB

 
 このように通常はひとつの遺伝子上に乗る因子は一つなんですが,ごくまれに一つの遺伝子上にA,B二つの因子が乗るケースがあります.この場合はもう片方の親の因子にかかわらずAB型になり,これをシスAB型と呼ばれるものです(これに対して通常のAB型をトランスAB型という).
AB/OはシスAB型でもう一つの遺伝子がOであるケースを想定.現実にはAB/AやAB/Bもあり,この場合は異なるパターンになる.
 
先述のボンベイ型は見かけ上のO型でしたが,このシスAB型は一つの遺伝子上にAB両方があること以外は普通のAB型と変わらず,基本的には輸血の際に問題になることはありません(通常の交差試験をパスすれば).ただ,シスAB型の人が子供を作った場合,仮に相手がO型だったとしてもAB型の子供ができる可能性があり(この場合の子はシスAB型),やはり家庭内トラブルになる可能性があります.   


血液型性格判断

 さて,日本人は血液型占いが好きなようです.ちょっとした日常会話の中でも「あの人は●型だから」などとまことしやかに会話がなされています.ただこの血液型性格判断が人気なのは日本と東アジアの一部だけで,欧米ではほとんど話題になりません.これは日本人では4つの血液型が比較的バランスよく存在する(A型40%, B型20%, O型30%, AB型10%)のに対して,欧米人ではB型・AB型の人が極端に少ないため,こうした血液型による云々自体があまり意味を持たないからです(あとは欧米では自分の血液型を知っている人自体が少ないこともあります).現実には血液型と性格の差異に関しては統計学的に否定されています.当たってるように思えることもありますが,これは当たっている事例がとりわけ強調されるからです.ネタとして取り上げられることもあるとは思いますが,こういう血液型による決めつけで心を痛める人もいるので取り扱いには注意が必要です.    



 

トップページに戻る   学問トップに戻る